投資にはどんな種類があるか

 近年、NISAという新制度が導入されるなど、今の日本は多くの人が投資に対して興味を持つようになる環境であると言えます。しかし、一口に投資と言っても、その対象物が何であるのかによって種類が異なり、正しい知識を持つ必要があります。多くの人が一番に思い浮かべるであろう投資の対象物は株式でしょう。これは非常にシンプルなものであり、できるだけ安い株価の時に購入し、値上りしたタイミングで売却することでその差額を利益として儲けるといったスタイルが一般的な認識でしょう。しかし、この方法では、株価の変動を上手く予想することができない素人には失敗する可能性が高いため、あまりお勧めできるものではありません。そこで有効な株式の活用方法が、長期保有をすることで配当金や株主優待で儲けると言った方法です。この方法であれば、単に貯金するよりも高利回りが期待でき、株価が下落してもさほど問題がないため、素人投資家にもお勧めです。
 次に、株式投資の次に有名なのが不動産投資で、これらも株式等同様に安く買って高く売るといった方法もありますが、土地を貸したり、マンション等を経営することで不動産収入を得るといった方法もあります。これらの他にも、通貨間の為替レートを予想して通貨を売買することで利益を得ることを狙う外貨投資であったり、金や原油といった商品が値上がることを見込んであらかじめ決まった値段で売買する権利を手に入れる先物取引等、非常に高難度な投資経験が豊富な人でなければ大失敗してしまうものもあります。特に、FXのような知名度が高く手軽に行えそうなものでありながら、実際にはリスクの高いものもあるので、事前に勉強をしておくことが大事です。

■株初心者必見
株入門サイト
■投資顧問にも様々な評判がありますので、こちらで見極めましょう
投資顧問の評判

ページの先頭へ戻る