ジュエリーを投資の目線で見てみよう!買取という手段

貴金属類は自分の好みではないものをプレゼントされた時には身につけることも出来ずに困ってしまう方も多いものです。
しかしだからといっていつまでもタンスの肥やしにしておくことも得策ではありません。

貴金属類はデザインも時代の変化で古くなってしまいますので、プレゼントされたまま身につけずにおいておいても
デザイン性が古くなってしまうのでどんどん身につけようという機会が失われていきます。
また、ジュエリーを相続した場合も自分の好みではない場合困ってしまうでしょう。
しかし、相続の場合大切な人との思い出が残っているため、処分するという結論になかなかなれないというのも実情でしょう。
思い出が残っているととっておいても、使わなければ意味がないのもジュエリーです。
そこで、買取に出して買取金額で資産運用をするという方法もあります。

特にジュエリーの中でも貴金属、特に金の場合は相続税が発生する事が広く知られています。
税金を納める必要が出てきますので、納税額を用意しなければなりませんし、また、相続人が複数いる場合、ジュエリーの配分を巡って諍いが起こるかもしれません。
思い出だけでは片付けられないお金の話しになってくると話しが複雑になってくることは珍しくありません。
誰がどのジュエリーや貴金属を相続するのか遺言で残されていなければ、相続税を収めるために売却をしたり、相続人の納得のいく形で分配するために金銭に変えるという必要が出てくるでしょう。

また、金などは明確に価格が比較出来ますが、ダイヤモンドなどジュエリーに関しては買取事業者によって査定が異なる場合があります。
特にプレゼントなどでいただく機会の多いダイヤモンドですが、複数の買取事業者に見積もりをもらい、自分が納得のいく価格で買い取る事業者に決めましょう。
特に相続をしたダイヤモンドを売却する際には相続人の同意が必要になりますので、時間がかかることを見越して行動をすることをおすすめします。

誰かからプレゼントされたり、相続で手元に入ったジュエリーを売却して得たお金を元手に資産運用を行うという方法があります。
プレゼントでいただいても身に着けなかった不要な貴金属であっても、プレゼントされた方の気持ちは入っているものです。
お金に替えたからには大切に扱いたいものです。
資産運用の方法としては色々な方法がありますが、自分の取ることが出来るリスクを考えながら資産運用を行うようにしましょう。

投資で最もリスクが少ない方法は預金や日本国債券の購入です。
日本国の債券は銀行よりも運営母体の大きい日本国が発行元になりますので、実質的には預金よりも安全であると考えられています。
最も、リスクの低い資産運用方法は利回りも低いものですが、確実に投資する金額を増やしたい、リスクを取りたくないという方には向いている投資方法になります。
リスクをとって資産を増やしたいという方は先物取り引きや外国為替取引、株式などの投資が向いています。

特に先物取り引きと呼ばれる投資方法が自分でレバレッジを設定することが可能であり、レバレッジを高く設定すればするほど得られるリターンも増えますがもちろん、その分取るリスクも高まります。
短期間で大きなリターンを得たいと考える投資家には向いている手法です。
ただ、投資で資産を増やした場合でも増やした金額に対して税金を納めなければなりませんので、知っておくようにしましょう。
特に先物取り引きでの利益では税率は約20%になりますので、増えた金額をそのまま再投資してしまわずに納税する金額分は別にしておくと確定申告の際に慌てずに済みます。
使わないジュエリーや相続した貴金属の使い方に困っている方は、売却をして資産運用に廻すという選択肢もありますので、自分の人生の資産形成の一つの方法として知っておくと良いでしょう。

ページの先頭へ戻る