電力とガス販売の仲介営業強化で東京瓦斯への投資

今年の東京瓦斯では、ガス燃料安の影響が想定以上のプラスの効果をもたらしる状況があります。そのため、東京瓦斯の都市ガス事業は今まで以上の安定収益が望める環境が出ています。また、来年の4月からは電力の自由化が行われることが決まっています。東京瓦斯は電力自由化の恩恵を最も受ける企業として注目されています。東京瓦斯では電力自由化を前にシステム投資を増やして対応をしている状況があります。その結果、今期の業績はシステム投資が増えた分、下押し圧力が発生することになります。しかし、来期以降には電力自由化によって業績が上昇する可能性が出ています。したがって、東京瓦斯の株式には、投資チャンスが広がっていると言えます。東京瓦斯では電力自由化が始まると同時に、電力とガスのセット販売をすることになっています。この電力とガスのセット販売を増やすため、仲介をする営業を強化する動きが出ています。電力とガスのセット販売を受け入れてもらうため、現在よりも電気代がどれだけ安くなるかなどを仲介営業員によって説明をすることが求まられているからです。しかし、現在はまだ仲介営業員の数が少ないために、電力とガスのセット販売を実施することが、世間にあまり知られていない状況があります。したがって、今後は仲介営業をどれだけ強化できるかが、電力とガスのセット販売を増やすカギとなりそうです。東京瓦斯においては家庭電力のシェアを10%にすることを目標に置いています。家庭電力のシェアが10%になっても良いように、自社電源の発電能力を増強することが実施される予定です。将来的に家庭電力の10%のシェアを東京瓦斯が握ることができれば、今株式に投資をした見返りは大きいものになると考えます。

ページの先頭へ戻る